気分を上げるためのファンデーション

気分を上げるためのファンデーション

■気分を上げるためのファンデーション
 
化粧下地を選ぶときには次のようなことを気にしています。
まずは肌色とできるだけ馴染むこと。
今時顔色と首の色が違うなんてことは早々ないと思うのですが一応気を付けています。
後は半年に一回は化粧品のカウンターでファンデーションを合わせてもらっています。

ファンデーションの残量次第ではありますが夏終了の後はやっぱり怖いですね。
カウンターのお姉さんも同じブランドでも時々違う人をお願いしています。
ずっと同じ人だと「○○さんはこういう感じが良いですよね」と言って変化がなく、
新人さんだと失敗したくないので「前回と同じものをご用意します」の一点張りだったりします。

中堅どころの人をかわるがわるお願いするのがマイベストです。
この前も「お色は2.5ではなく3が良いですよ」と勧められました。その時は瞬間ショックです。
日焼けしたか、加齢に伴うくすみかなと思って落ち込みました。
でも試しにつけてもらったら思った以上に違和感なく色が薄いことにこだわるのは辞めようと思いました。
後日嬉しかったのは仕事先の人に「とても健康的な顔色に見えるから何を使っているか教えて」
と言われたことです。
自分の思い込みではなく、他人からどう見えるかを追求してもらう方がいいなと思いました。
今使っているものはほんのり香りもついているので気分転換にもなり気に入っています。
毎日のことなのでいかに自分のストレスにならないか
むしろどれだけ気分を上げてくれる商品かを考えて選んでいます。
 
 
■化粧下地は紫外線防止とオーガニック
 
化粧下地を選ぶ際は、必ず紫外線が防止できるようなものを選んでいます。
そうした対策の出来るSPFがついているもののほか、
オーガニック製品が好きなのでそういったものを購入します。
以前化粧品に含まれる添加物によってエイジングが進むということを聞いたので、
それからはずっとオーガニックの下地にしています。

価格は通常のものよりかかりますが、安心して使えますし、塗ったときも自然な感じで気に入っています。
中には美肌成分があって、毎日塗るだけでプラスになるような下地もあるので、
普段はそれを使用しています。
カバー力もあってメイクの仕上がりもよくて気に入っているのですが、
どうしても肌がくすんでいたりするときはブルーイエローの下地を部分的に使います。

これはオーガニックの製品は見つけられていないので、一般的なコスメの化粧下地です。
重ね塗りしているような感じなのですが、クマやくすみを隠すのに便利です。

オーガニックの製品は効きづらいとか、テカるということを聞いたことがありますが、
色々ファンデーションやパウダーやら重ね塗りしているせいか、
特にそうしたことを感じたことはありません。
肌荒れは少なくなったので、使い心地や匂いなど含めて、自分にはあっているかなと感じます。
 
 
■色の白い私は自分の肌に合う下地選びから。
 
私の化粧下地の選び方のポイントはまず、色白の私の肌に合う色を探すことです。
下地でいくつか色が選べるようになっていますが、あまりにカバーしない色の無いものも困りますが、
私はちょっと茶が強くなると、首との差が出て顔だけ茶色くなってしまうので慎重に選びます。

手の甲で試して大丈夫だと思って購入してみたら、色が合わないものもあったので、
ちょっと首につけるようにしています。
最近は、歳をとって敏感肌になってきてしまった為、
皮膚科からお勧めされた敏感肌用の化粧下地の一番明るい色を使っています。

その下地は、SPF50でPA++++なので、日中外出する時は使っていますが、
外出しない日はそれだと肌に負担が大きいような気がして、
もう少しSPFやPAの値が低いものを選んでいます。

いろいろな下地を試してみると、肌になじみのいいもの、なんだか肌がつっぱるもの、
時間が経つとよれてくるものなどがあリました。
友達のお勧めで購入したものもありましたが、やはり肌質が違うと合う合わないがあるので、
必ず自分で試してから購入しにないとダメです。

化粧下地もたくさんの種類が出ていますが、美容成分配合などもありお肌に優しいものが増えています。
今後、さらに年齢を重ねると肌の色も変わってくるので、
化粧下地の色も気をつけて切り替えたいと思っています。
 
 
■プチプラが良いけど性能がよくないと嫌です。
 
下地を選ぶときは、私の場合まず金額を見ます。
高いハイブランドのメーカーの下地を買う方が性能もよくて、大体の肌に合うので良いのですが…。
なかなか買う勇気がでないので、プチプラな物を選びます。
しかし、決して失敗したくないので、入念にネットを使って調べます。
私は乾燥肌なので、多少しっとりしたタイプの方が肌によく合います
肌に合うしっとりしたタイプを探します。
乾燥してしまうとガサガサになり、肌が粉をふいたようになってしまい汚く見えますが、
しっとりしていれば少しテカるなと思ったときは軽くパウダーを叩けばちょうど良いマットな感じになります。

あとは持ちがどのくらい良いかもかなり重視します。
私は面倒くさがりなところもあり、あまりお直しはしません。
最初に化粧を完成させたら、出かけた先ではリップを塗り直すくらいであとはそのままです。

お直しをしないと崩れてしまう下地はダメだと自分で勝手に決めています。
なので値段の次に、持ち、テクスチャを重視します。

調べる方法としては、コスメの口コミサイトを念入りにチェックし、
文章だけではわからないのでYouTubeで実際に使用している感じをみて、
白さやのびの良さなどを調べて、自分に合うと思った下地を購入するようにしています。

下地クリーム・シルキーカバーオイルブロック・シルキーカバー